平均的

葉酸をいつ飲むと良いか

葉酸は妊娠中の女性だけでなく、人体にとってとても大切な栄養素です。
特に発育中のお子さんにとっては体内でとても大切な働きをしてくれます。
この葉酸の主なはたらきは、体の中にあるDNAやアミノ酸を作る原材料になることです。
つまり、細胞を新しく作るタイミングを考えて葉酸を取ることがとても大切になります。

まず、健康な子供や男性・妊娠していない女性では細胞の修復が行われたり、新しい細胞分裂が行われるのは主に睡眠時になります。
この細胞の修復は単に怪我をした時だけでなく、日焼けをした後にも細胞の修復が行われています。
そうすると葉酸を適切に摂取するタイミングは、日焼けする前の季節(春から初夏にかけて)から摂取するように意識をし始め、特に夕食時の摂取に気をつけることが必要になります。
また、妊娠中の女性では母体自体の変化適応に、細胞の活動が盛んに行われています。
例えば乳腺自体の変化や様々なホルモンの生産など、母体内では細胞が通常よりも活発に活動しているので、細胞の中のタンパク質(酵素やホルモン ホルモンの受け取り口の受容体など)がしっかり供給できるように気をつける必要が有ります。

また、母体内で特に大切な胎児の発育も考慮しなくてはいけません。
胎児は妊娠1~2ヶ月の間に徐々に体内の様々な内臓や神経を作り出します。
この間には器官形成期という、非常に胎児にとって重要な時期が含まれているので、特に栄養バランスに注意を払う必要が有ります。
胎児の発育は母体内で常に行われているので、妊娠時の女性はしっかりと定期的に毎日葉酸を摂取するように気をつけることが必要です。
母体内で葉酸が使われ出すのは、実際に赤ちゃんがお腹の中でお母さんの栄養をもらい始める前から始まっています。
赤ちゃんが実際に育つ前に母体内ではまず胎盤を作ることが始まり、この時からお腹の中で細胞の活発な活動が始まっていきます。
毎日の食生活で葉酸を意識することはとても難しいですが、サプリメントや野菜を通じて得た葉酸をしっかりと体内で活用できるよう、計画的なタイミングで摂取することを心がけましょう。